三好市観光協会ホームページ

12/3 自動運転サービス実証実験開始セレモニーが開催されました。

国土交通省は、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行います。

三好市の道の駅「にしいや」~かずら橋夢舞台の区間が13箇所の一つに採択され、12月3日(日)から12月9日(土)までの間、国の重要文化財(祖谷のかずら橋)や観光拠点(かずら橋夢舞台)、宿泊施設等を結び、新たな観光の流れの創出に向けた検証等が行われます。

 

本日、披露されました自動運転車の写真とセレモニー時の一コマを写真で紹介します。自動車の屋根の上の突起物はレーザー光で360度100メートル周囲の対象物を感知する機器とのことです。

 

国土交通省の記者発表(11/21)のURLは以下です。

http://www.skr.mlit.go.jp/tokushima/report/info29/h291121-2/h291121-2.html

現在コメントは受け付けておりません。

トラックバックURL:
http://miyoshicity-kankokyokai.or.jp/archives/15846/trackback


HOME
リンク
サイトマップ