三好市観光協会ホームページ

★千年のかくれんぼフォトコンテスト表彰式と三好和義さんと巡る撮影会が開催されました★

本日、3月23日ホテル大歩危峡まんなかにて千年のかくれんぼフォトコンテスト表彰式が開催されました。

黒川征一三好市長のご挨拶のあと表彰状及び副賞の授与がありました。

 

 

 

 

 

 

 

フォトコンテストは246名の方々から、計817点の作品応募がありました。プロ写真家 三好和義 氏による審査が行われまして入賞作品(計24点)が選ばれました。入賞作品は今後、三好市PRを推進するポスター、パンフレット、インターネット媒体等に活用されます。

その中で最優秀作品に選ばれた作品をご紹介します。

作品名「水面染まる渓谷を」 撮影者名:楠本 靖様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審査員 三好和義氏の講評:

静かな水面に映り込んだ紅葉の美しさに息をのみます。色付き始めの山の表情でしょうか。山の影にある岩肌と日の当たる山肌を映した水面の明るさの絶妙な光のバランスが不思議な光景として印象に残ります。詩に読むような美しい風景を望遠レンズを使い、写真ならではの構図で切り取っています。船を配することによって、ここがどれだけ大きな風景かが計れます。波を作りながら、走ってゆく姿に動きが生まれました。写真を見る人が、乗船している人達の気持ちに感情を移すことが出来るような見事な作です。壁いっぱいに引き伸ばしてみたいスケールのある素晴らしい作品です。

受賞されたみなさんとても心のこもった素晴らしい作品ばかりでした♪

午後からは三好和義さんと巡る撮影会が開催されました。

撮影会では現地で写真を撮る前に三好和義氏の使っているカメラ、三脚等の道具の紹介がありました。気になったお話はカメラに水準器をつけている事でいつも水準器は10個位まとめて購入されるそうです。ですが実際使えるものは2個あればいいとの事!また、使われるカメラ等の道具は気になる箇所があったりすると鑢でなめらかになるまで磨いたりもされるそうです。新しいカメラの紹介もありました♪ニコン製だそうです。詳細等はわかりませんので写真のみです♪

表彰式ならびに撮影会に参加していただいた皆様、本日はご参加ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

尚、道の駅大歩危にて3月24日~4月29日の期間、「千年のかくれんぼ」写真展が開催中です。最優秀作品含む入賞作品24点が展示されています。お立ち寄りの際は是非ご覧下さい♪

 

 

現在コメントは受け付けておりません。

トラックバックURL:
http://miyoshicity-kankokyokai.or.jp/archives/11231/trackback


HOME
リンク
サイトマップ